ボリンジャーバンドがスクイーズ状態のトレード戦略

こんにちは、FXトレーダーはるです。

「ボリンジャーバンドがスクイーズ状態の
 トレード戦略」

についてEURUSDの4時間足を例に解説します。

ボリンジャーバンドがスクイーズ・エクスパンションの状態とは

EURUSD 4時間足チャートです。
ボリンジャーバンドがスクイーズ状態時のトレード戦略

チャートの右端をご覧いただくと、
ボリンジャーバンドの上下のラインが
どんどん狭まっているのが分かると思います。

 
これを「スクイーズ(Squeeze)」といいます。

日本語でいうと、「収縮する」とか「搾る」という感じですかね。

 
逆に、ボリンジャーバンドが拡大している状態のことを

「エクスパンション(Expansion)」といいます。

ちょうど、チャート中央あたりで大陽線が出て、
一気にボリンジャーバンドが拡大している場面です。

 
大きく上昇・下落した後に値動きが小さくなると
このような形になり、

エクスパンション → スクイーズ

を繰り返しながら上昇・下落していきます。

 
その他には、ダラダラと上昇・下落が続いた時には、
ボリンジャーバンドの形状は「寸胴型」になります。

この時のトレード戦略については、別の機会に解説したいと思います。

ボリンジャーバンドがスクイーズ状態のトレード戦略

一般的に、日本時間は値動きが小さく、
夕方、欧州勢が参加してくるあたりから
値動きが活発になる傾向にありますが、

これを今回のボリンジャーバンドの形状に当てはめると・・・

前日、夕方から大きく上昇しそのままの流れを継続
(指標発表によって大きく動いた時もこんな感じになりますよね)

翌朝から日本時間にかけて小動き

再び、欧州勢が参加してくる夕方から動き出す

あるいは、上位時間軸のMAタッチから動き出す
(タッチ&ゴー作戦でトレードします)

 
で、ボリンジャーバンドがスクイーズの状態になってきたら、
ボラティリティが小さくなるわけですからトレードは見送りです。

エントリーしたとしても値幅が出ませんからね。

 
ちなみに、ボラティリティは、

「ボリンジャーバンドの形状」と「ATR」

で判断できます。

 
もし、ボリンジャーバンドの幅が狭い状態が長く続くと、
次はブレイクアウト狙いの戦略が有効となります。

 
昨晩は、1のところで、
4時間足のMA割れ狙いで売りました。

直近安値とMAの同時割れ狙いです。

利益確定目標は、ボリ-1σとボリ-2σあたり。

 
15分足や30分足もスクイーズの状態だったので
下方向へのブレイクアウトを期待しましたが、
結局、下ひげが出る形になりました。

 

今日の一言
エントリーしたとして、

「どのくらいの値幅を期待できるのか」

「ロスカットに対して利益はどのくらいか」

を意識してトレードしましょう!

超強力な「MA抜け失敗トレード手法」プレゼント!

 私が実践している超強力な「MA抜け失敗トレード手法」を解説した動画を期間限定で特別にプレゼントします!

メルマガでは、日々の相場分析と私のメイン手法であるMA抜け失敗トレード等の実践解説をしています。トレードの参考にしてください。

お名前 
メールアドレス 

コメントを残す