こんばんは、FXトレーダーはるです。

今日は、「効率よく利益を上げるために狙うべき場面」の中でもお話しした「フラッグのラインブレイクアウト」について、実践例をご紹介します。

フラッグのラインブレイクアウト

2015/12/7 17:45ごろのEURUSDチャートです。
フラッグからのブレイクアウト
今回は、日足と30分足のみです。

月曜の日本時間は動きがなくて、どの通貨にしようかとチェックしていたところ、1時間足を見て強かったのがドル円で、逆に弱いのがユーロドルでした。それ以外の通貨ペアは、1時間足のレンジの中に入っていました。

私は、短時間で効率的に利益を狙える売りの方が好きなので、ユーロドルを細かくチェックしていきます。

週足:下落トレンドの初期段階 → レンジに推移する?

日足:一気に上昇トレンドに転換?

4時間足:上昇トレンド

1時間足:急騰後のレンジ

30分足:MAが下向きでボリも右下を向いている

15分足:レンジ

 
30分足を見ると、2回MAに抑えられて、3のところでMA抜け失敗のローソク足が出て、下矢印でエントリーです。

効率よく利益を上げるために狙うべき場面」で紹介したフラッグのブレイクアウトです。

 
MA抜け失敗トレードでエントリーした場合、ルール通りATRを使って利確してもOKですが、もう少し俯瞰で眺めてみると12/4の安値1.08351が見えてきます。

この青色のラインは、4時間足1の安値、2の戻り高値、そして12/4の安値ということで、意識されるポイントだと思っていたのですが、あっさりと下抜けてしまいました。

 
もし売っていたら、確実に利確してもOKです。

ただ、1分足の平均足とか5分足の動きを見ていても戻る気配が全然なかったんですよね。

ロケットブレイクFXの特典でお付けしている「15分足でストップをトレールさせていく方法」ではキープできています。

ちなみに、ロケットブレイクFXのユーロ円では、手法2の「騙しからのブレイク」が大成功しています。

ブログランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

おすすめの記事