こんにちは、FXトレーダーはるです。

「ロスカットできないトレーダーの心理」

についてチャートを使って読み解きます。

逆張りトレードは否定しませんが・・・

EURUSD 5分足チャートです。
5分足を使った急落時のトレード方法

「ロスカットを入れるのは常識!」

とはいうものの、
ナンピンをしているとロスカットしづらい時があります。

 
私もGOR(ゴールデンオーバーレイ)というサヤ取りツールを使っていた時は
逆張り専門でトレードしていた時期がありました。

勝率もよく、利益も上げていましたが、
たまの急落に巻き込まれて一気に利益を吐き出してしまう・・・

その時の心境は、こんな感じでした。

チャートを見ながらお読みください。

ロスカットできないトレーダーの心理

あれ?下に抜けちゃった。

嫌だなぁ・・・

ロスカット入れておくんだった。

 
(1のところで)

 
よし、戻しが入ったぞ!

せめて、プラマイゼロまで戻ってくれ!

神様!!!

 
えっ、まだ落ちるの?

だんだんヤバくなってきた・・・

 
(2のところで)

 
よし、ナンピンしてやれ!

トータルでプラスになったところで逃げればOKだ!

 
(3のところで)

 
逃げ損ねたよ。

やばい、こんなに負けてる。

あ~もうダメ!

全部、ロスカットだ・・・

 
これ、恥ずかしながら実話です。

神様にお願いしている時点で
そのトレードは間違っているんですよね。

これを教訓に、いや~な気持ちになったときは
すぐにポジションをクローズするようになりました。

 
急落時は3段落ちするという話をしましたが、
トレーダー心理をよく表しています。

 
1や2の場面は、
売っていた人の買戻しと逆張り好きの買い。

でも、それ以上戻らないのは
新たに買う人がいないから。

 
多くのトレーダーが売り目線の中
ロスカットを巻き込んでさらに下落。

 
最後にクライマックスを迎え
利益確定して、トレード終了。

 
「自分がポジションを切った途端、戻っちゃった・・・」

 
なんて経験がある方もいると思いますが、
クライマックスのところで投げっちゃってるんですよね。

だからって、

「戻ってくるまで我慢しよう」

なんて思っちゃだめですよ。

ずーっと戻ってこないこともあるんで。

 
逆張りトレードは、

「落ちてくるナイフをつかむ」

ようなものです。

 
もちろん逆張りが機能する場面もありますが、
トレンドと友達になった方が
利益を上げやすいことは明らかです。

 
[illust_bubble subhead="今日の一言" align="right" color="red" badge="check" illst="check-m1-l"]自分がどちらの側についた方が
利益を上げやすいのか?

ロスカットできずに負けるトレーダー心理を
意識してみましょう。[/illust_bubble]

ブログランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

おすすめの記事