こんにちは、FXトレーダーはるです。

「売りトレードの方が
 短時間で大きな利益をもたらす」

という話をします。

売りトレードの方が短時間で大きな利益をもたらす

EURUSD 30分足チャートです。
EURUSD30分足_20120707

これまで、MA抜け失敗トレードの実践テクニックと
簡単な相場分析をご紹介してきましたが、
私のトレードは、ほぼ売りでした。

週初めは、4時間足がまだ上昇トレンドだったにもかかわらず売り。

週足が下落トレンド、日足も下落途中のレンジ
だったというのも理由の一つですが、

 
売りの方が短時間で
大きく勝てるからなんです。

 
チャートをよく観察すると
上昇と下落では動きが全く違います。

上昇はジワジワと

下落はストンと

どちらが効率的かは明らかですよね。

 
私だけでなく、勝っているトレーダーの話を聞くと
売り専門の人ってけっこう多いです。

 
あなたも過去のトレードを振り返って、

「買いと売りのどちらが多いのか
 どちらが勝率が高く利益をもたらしているのか」

を検証するといいと思いますよ。

 
ただし、基本はトレンドに沿ったトレードですから
そこだけは注意してくださいね。

EURUSDトレード解説

木・金は指標発表で急落しましたが、
きれいなチャートを形成しています。

急落 → スクイーズ → 急落

というパターンの繰り返し。

下落は、上位時間軸のトレンド方向なので
とても分かりやすかったかと思います。

 
そして、戻しの目安は、

1.1時間足MA(紫ライン)
2.それを超えると30分足ボリ+3σ

さらに、ブレイクアウト戦略がうまく機能しています。
(青の点線を下にブレイク)

 
急騰、急落時にはこのような動きになることが多いので
このパターンを覚えておいたほうがいいです。

あと、安値を形成してから
何本目(何時間後)にブレイクしたのかも
数えておきましょう。

エントリータイミングの目安になります。

[illust_bubble subhead="今日の一言" align="right" color="red" badge="check" illst="check-m1-l"]ボリンジャーバンドが収縮して、
一気にブレイクする場面を狙って
上位時間軸のトレンド方向に仕掛ける。[/illust_bubble]
ブログランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

おすすめの記事