こんにちは、FXトレーダーはるです。

今回は、狭いレンジからブレイクアウトが発生し上昇・下落したが、それが失敗に終わった時に現れる「幅が広いレンジ」でのトレード方法として

「幅広レンジトレード手法」

についてEURUSDを例に解説します。

日足にいるサポート・レジスタンスの確認

まずは、いつものように日足を使って、サポート・レジスタンスの確認を行っていきます。

※クリックするとチャートが拡大します。

EURUSD 5月18日の日足チャート
EURUSD日足チャート20150518

これは、「EURUSD売りトレード解説_20150518」で紹介した5月18日のEURUSD日足チャートです。

売りトレード手法の詳細は、上記記事をご覧いただくとして(重要なことを書いていますので必ず読んでください)、

今回注目してほしいのは、

 
このまま下落するとして、どこまで下落するのか?

どこで、いったん利益確定すべきか?

 
をこのチャートから判断できるかということです。

 
一応、1本サポートラインを引いていますが、トレード開始前には日足を使って

・サポート・レジスタンスの確認

・MAの位置と向き

・ボリンジャーバンドの位置と拡大縮小しているのか

などを確認するようにしてます。

まぁ、これは基本なんで必ず実践しましょう。

 
で、この後どうなったかというと・・・

EURUSD 5月29日の日足チャート
EURUSD日足チャート20150529

トレンドラインと日足のサポート・レジスタンスにラインを引きました。

で、売っていたら、どこで利益確定していくかということですが、順番に見ていきましょう。

1.上昇してくる日足MA(1のことろ)
 → 上昇トレンドが継続するのであれば、MAがサポートとなる可能性がある

2.前回サポートとなったポイント(2のところ)
 → トレンドラインともちょうど重なっています。

3.ボリ-2σ~前回のレジスタンスライン(3のところ)

 
2と3については、

 
過去のレジスタンスラインがサポートラインに変わる

 
ことを示す、良い例になっています。

 
私は、スキャルピング~デイトレードをやっているので、今示したようなポイントでは確実に利益確定をしていきます。

それはなぜかというと、重要なポイントでは必ず戻しが入るからです。

2や3の後で結構な戻しが入っていますよね?

そんな場面では、短期時間軸は上昇トレンドになっているので、そこを細かく獲っていくのもありですが、戻しの強さを見ながら、短期時間軸でトレンド転換してくれるのを待っているんです。(今回の場合は、売りトレンドに転換するところを狙っている)

つまり、

 
短期のトレンドが上位時間軸のトレンドと同じになる

 
ところから、売っていこうと考えていたわけです。

これって、理に適ってますよね。

 
前置きが長くなりましたが、売りトレンドに転換するところからのトレードと幅が広いレンジでのトレード方法について解説してきます。

トレンド転換と幅広レンジトレード手法

EURUSD 5月27日のチャートです。
幅広レンジトレード解説_20150527

今回のトレードは、4時間足の青色の四角で囲った場面で、日足でいうと、ボリ-2σ到達後に少し戻し、15分足でトレンド転換、30分足MA割れから、次のサポートと考えていた1.0843あたりまでの売りトレードとなります。

 
日足の相場分析でも書いたように、大きな流れは売りトレンド(4時間足MAが下向き)で、どこまで戻すかを見ていました。

そして、下がってくる1時間足ボリ+2σが壁になり(4のところ)、次に15分足MAも割れてきました。

 
ここで注目してほしいのが、15分足の青色の四角で囲ったところ。

トレンド転換の動きになっています。

売りは直近安値割れからで、30分足MAも同時に割れていくところです。
(下矢印)

トレンド転換のパターンとMA抜けを狙ったトレード手法については、「EURUSD売りトレード解説_20150518」で解説しています。

 
で、売ったとして、利益確定目標はどこか?

という話ですが、30分足と1時間足をご覧ください。

いったん上昇したが、それが失敗に終わったため「幅が広いレンジ」になっています。

そうなると、利確目標として見えてくるのが、

 
ボリ-1σとボリ-2σ

 
です。(5、6のところ)

ちょっと長く持つつもりならキープしても構わないんですが、スキャルピング的なトレードをするなら、5のところで一旦利確するか両建てにして、戻しも獲っていくトレードもできます。

今回の場合は、チャートポイントが明確なんで、両建ての買いポジションも入れやすいかと思います。

 
結局どこまで下落したかというと、

幅広レンジトレード解説_20150527

ボリ-2σ到達後、30分足、1時間足ともにレンジからボリンジャーバンドがエクスパンションしていきました。

当初の利益確定目標は1時間足ボリ-2σ(6のところ)だったんですが、この時点で直近安値を割れていたんですよね。

ということは、まだ下があるかなと思って、再度売っていっています。

まぁ、サポートラインが近いんで、深追いしない程度ですけど。

 
あと、注意してほしいのが、チャートポイントである5や6では20pips程度の戻しが入ってますので、短期トレードならキッチリ利益確定しておきたいところです。

それから、今回のトレードで利確目標の設定は分かってもらえたかと思いますが、トレンドが続いているときは、できるだけ利益を伸ばしたいと思う方もいると思いますが、そんな時は、15分足でトレイリングストップを使うと利を伸ばすことができます。

多分、これが一番簡単な方法です。(VIPメルマガで紹介しています)

 
一応、サポートラインまで到達したので、その後の動きですが、4時間足でダイバージェンスが発生しています。(Dのところ)

そうなると、4時間足ボリ+2σあたりまでの戻しは想定されます。

そして、日足で見てみると

EURUSD日足チャート20150529

3のところから戻しが入れば、まず日足のボリ-1σあたりが壁になるかなと考えることができます。(丸印のところ)

もし、そこが壁になれば、直近安値3を割れるかどうかが重要なポイントとなります。(トレンド転換の動き)

 
今回ご紹介紹介した、トレンド転換の動きは頭に叩き込んでくださいね。

色々な場面で使えますから。

ブログランキングに参加しています!応援クリックよろしくお願いします。

  にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

おすすめの記事